筆墨を友として・・・。 › 思い出 › 海外 › 文学 › 友達 › 花子とアン・・・・1

2014年08月04日

花子とアン・・・・1

花子とアン・・・・1


MHK朝の連ドラ『花子とアン』を見ている方が多いようですが、「今日のスタートを切る・・・」って感じで、私も欠かさず観ています。

中学高校のころ「赤毛のアン」の大ファンで、アンシリーズを今も本棚に揃って並んでいます。

翻訳者村岡花子にも大変興味がありましたが、今のようにネットで調べる現代とは違って、その人となりについては何も知らぬまま今日に至りました。

花子とアン・・・・1


親からもらっていたお小遣いは、ま~標準だったと思いますが、本や赤本(教科書の虎の巻)はお小遣いで気楽に買えました。本の後ろのページを開けると「赤毛のアンが130円」「もっとも分厚いもので180円」「もっとも薄いもので80円」でした。

ページをめくると字が細かくて、今の私には眼がきゅっと絞まるようで痛みを感じます。

その時からン十年の月日が流れましたが、夢中で読んだのが昨日のように想い出されます。

花子とアン・・・・1


HP-ボタン


にほんブログ村 ランキングに参加しています。
↓クリックしていただけると、励みになります。











同じカテゴリー(思い出)の記事画像
茗荷摘み
ヒロシマ!!!
ピアノのお稽古
一人旅・・・東京~上越妙高~金沢
お伊勢詣り
Big Christmas!!!
同じカテゴリー(思い出)の記事
 茗荷摘み (2015-09-03 20:00)
 ヒロシマ!!! (2015-08-08 16:00)
 ピアノのお稽古 (2015-07-31 22:00)
 一人旅・・・東京~上越妙高~金沢 (2015-06-26 14:00)
 お伊勢詣り (2015-01-30 14:00)
 Big Christmas!!! (2014-12-24 13:00)

Posted by 梅原 千鶴 at 13:00│Comments(0)思い出海外文学友達
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。